2008年03月24日

或る優秀かつ責任感の強い女性の一生――『天璋院 篤姫』展を見た。

 東京・両国の江戸東京博物館で、『天璋院 篤姫』展を観た。(4月6日まで)

 駅貼りポスターで、天璋院の、きりっとした姿、きかぬ気の強そうな顔と、
「女の道は、前へ進むしかない、
 引き返すのは恥でございます。」
という言葉(キャッチコピー)にシビれて、観に行きたかったのだ。
(以前、西太后展モンゴル競馬の時も書いたが、私はやはり、気の強い女性が好きだ。W)

■篤姫 波乱万丈の人生

 天璋院 篤姫は、幕末の1835(天保6)年に、薩摩で生まれた。

 1856(安政3)年、21歳で徳川将軍家定の正室として輿入れ。
 そのために、彼女はまず薩摩藩主 島津斉彬の養女となり、さらに、右大臣 近衛忠煕の養女となっている。
 当時、こうしたことは珍しくはないけれど、やはり、徳川家から島津家へ「正室を」との話があった時に、上記のややこしい手続きを踏んででも、「ぜひ彼女を」となったのは、一門のなかでも、彼女の賢さ、優秀さゆえなのだろう。

 というのは、当時、家定の次の将軍候補として、紀州藩の家茂と、一橋慶喜の名が挙がっており、一橋派だった斉彬は、篤姫に、大奥からの幕府工作を期待していたらしい。

 しかし、婚礼から、たった1年半後に、家定は病死。篤姫は23歳の若さで未亡人になってしまう。同年、斉彬も死亡。

 篤姫は、期待された幕府工作に力を発揮できず、それどころか、江戸城内(夫)と地元薩摩(養父)の、両方の後ろ盾を失い、どんなに落胆しただろう。
「この先、生きる甲斐は、あるのだろうか」
と思ったのではないか。

 しかしその後、次の将軍 家茂の後見役として、公武一和に側面から尽力。
 また、家茂上洛時には、家茂の正妻 和宮とともに、将軍不在の江戸城の留守をあずかったという。

 さらに時代は変遷し、戊辰戦争に際しての江戸城無血開城や、徳川家安堵にも、側面から尽力したようだ。
「官軍隊長宛 書状」なんかは、読んでて思わず涙ぐんでしまった。

■「なんで私が」と思わなかっただろうか

 篤姫は、藩主一門のお嬢様として生まれ、ふつうだったら、蝶よ花よで育てられ、そのまま奥様となって、何の苦労もない人生が送れたはずだ。
 なのに、賢く優秀で、責任感の強い人だったために、なんだか大変な人生を送ることになってしまった。

 結婚して、あっという間に夫に先立たれた時、
 実家の一門あてに、婚家の者たちの助命嘆願を行なった時、
「なんで私が」
と思わなかっただろうか。
 いや、彼女のことだからきっと、
「これが私の人生なのだ」
と、運命から与えられた役割を、一生懸命、まっとうしたのだろう。


posted by 田北知見 at 18:02 | 東京 🌁 | Comment(0) | TrackBack(1) | 趣味に走ってスミマセン
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

本の名品 03242008
Excerpt:  NHKの今年の大河ドラマは、宮尾登美子原作の『篤姫』、宮崎あおい主演で、愉しまれている方も多いのではないか。徳川13代将軍・家定の御台所になり、その幕末期を舞台にした波乱万丈の生涯を描く物語である。..
Weblog: つき指の読書日記
Tracked: 2008-03-24 19:53

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。