2008年03月10日

ブリヂストン美術館の『腕を組んですわるサルタンバンク』

 東京・京橋にある『ブリヂストン美術館』へ行った。
 企画展『コレクションの新地平〜20世紀美術の息吹』(4月13日まで)を観に行ったのだが、これまでも、同美術館は何度か行ったことがある。
 印象派を中心に、19世紀〜20世紀初めの作品が充実しているので、私の好みのツボどまんなか(笑)なのだ。

 上記の企画展は全体に良かったが、同館所蔵品で、あらためて、良さを知った作品があった。
 パブロ・ピカソの『腕を組んですわるサルタンバンク』だ。

■ピカソの『腕を組んですわるサルタンバンク』

 サルタンバンク(大道芸人)が腕と足を組んで椅子に座っている絵だ。

 同館所蔵になる前は、著名天才ピアニスト ヴラジーミル・ホロヴィッツ(1904〜1989)の持ち物だったらしい。
 自宅のピアノ室に飾られていたとも聞いた。

 そう聞くと、この絵のサルタンバンクは、ホロヴィッツのピアノに、じっと聴き入っているように見える。
 また、
「このサルタンバンクは、天才ピアニストの奏でるピアノを、ずっと聴いていたんだなあ」
と思うと、クラシック音楽を聴かせた牛の肉がやわらかくなるように、また、熟成中の焼酎がまろやかに美味しくなるように、この絵も、よりいっそう美しさが増すような気がしたのだった。


posted by 田北知見 at 16:35 | 東京 ☁ | Comment(1) | TrackBack(0) | よいこの美術鑑賞
この記事へのコメント
ピカソは色がとてもきれいですよね。わたしも好きです。

この美術館は、広さも適度にコンパクトでいいですね。

天才ピアニストの持ち物だったのは初耳でした。

売っていた絵葉書の中に、ピカソの両手を組んでいる絵があったんですけど、その手の形が好きで、印象に残っています。
Posted by 隠遁居士 at 2008年03月10日 20:58
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。