2007年12月27日

資源は誰のもの?

■アラ石のクウェート・カフジ油田撤退

 今朝の日経報道で、
「元祖 『日の丸 油田』に幕」
「アラビア石油、カフジ撤退」
という記事が出ていた。以下に一部、引用する。

>AOCホールディングス傘下の、石油開発会社であるアラビア石油は、クウェート・カフジ油田の操業から撤退する。来年1月4日に期限切れを迎える、技術者派遣契約の更新交渉が、不調に終わったため。カフジ油田は日本企業にとって、戦後初の自主開発油田だったが、半世紀に及ぶ、元祖「日の丸油田」の役割を終える。

>操業経験を積んだクウェートは、人件費の高い、約50人のアラ石社員を、自国技術者に置き換えたほうが得策と判断、(交渉の)打ち切りを決めたもようだ。

>カネとヒトを出す見返りに資源を得る、従来戦略が、曲がり角に来たことを象徴する。

>原油高で、潤沢なオイルマネーを手にし、資源開発の経験も積んだ産油(諸)国にとり、消費国からカネとヒトを得る魅力は薄れつつある。

>ヒトとカネの流れは双方向になりつつある。環境技術の移転も含め、資源獲得には多元的な関係構築が欠かせない。

〈引用おわり〉

■資源はその国の人たちのもの?

 この記事を見て思い出したのが、下に掲載する、AFPの報道だ。





 また、以前、このブログでも、タンザニアモンゴルの話で、ちょっと似たようなことを書いたりした。

 今回のクウェートに限らず、ロシアにしろ、アジアの途上国・新興国にしろ、
「先におカネと技術を出させといて、さんざんおいしいトコ取りをしたところで、『はい、ごくろーさん』かい?」
という気もするし、
「でも、資源はもともと、その国の(人たちの)ものだ」
とも思うし。
 …うーむ…。難しい問題だ…。


posted by 田北知見 at 17:03 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(1) | 〜について思ったこと
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

年末はハメくり確定(笑)
Excerpt: とにくかくえろい人が多すぎ(笑) やっただけで34万もらえたりするし(笑)
Weblog: ずっこん!
Tracked: 2007-12-29 06:36

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。