2007年10月19日

『ブラックマンデー』について。

 きょうは、『ブラックマンデー20周年』だそうだ。
 (イヤ、そういう言い方はないと思うが…)

 『ブラックマンデー』について、日経記事などから、概要を、以下に抜粋してみる。

■概要と理由

 1987年の10月19日、アメリカのニューヨーク株式相場が暴落した。

 IBMやゼネラル・エレクトリックなどの主力株に売り注文が殺到。
 ダウ工業株30種平均は、前日比508ドル(22.6%)安と、大幅に下落した。
 下落率は、大恐慌時代の1929年10月28日に記録した12.8%を超え、過去最大の下げ率となったそうだ。

 理由は、それまで、アメリカの景気が過熱ぎみであり、株式相場のPERが高水準となっていたこと、経常・財政収支の「双子の赤字」、ペルシャ湾情勢の緊迫化などが指摘されている。
 引き金となったのは、西ドイツ(当時)が短期金利の高め誘導に踏み切ったこと。ドル安(ドル相場の不安定化)を誘うのではないかという懸念が広がったためのようだ。

 また、もうひとつの理由として、コンピュータによるプログラム取引が指摘されている。
 コンピュータに設定した株価を、相場が割ると、自動的に損切りのために売り注文を出すシステムだ。

■素早い対応

 しかし、
「さすが、欧米には市場経済・政治に一日の長がある」
と思うのは、その後の対応だ。

 その日のうちに、ホワイトハウスは、
「米国経済の健全さには自信」
との表明を出した。
 さらに、西ドイツの蔵相、連銀総裁と、アメリカの財務長官が会談し、
「西ドイツ連銀は国際協調路線を堅持する」
と表明。

 翌20日には、グリーンスパンFRB議長(当時)が、ニューヨーク市場の取引開始前に、
「流動性の供給源としての役割を果たす」
との声明を出した。
 レーガン大統領(当時)は記者会見で、
「国民が消費を控えなければ、株価暴落は景気後退にはつながらない」
との見方を示した。

 そのため、ブラックマンデー当日の19日には、既述のとおり508ドル下落したダウ平均が、20日には102ドル高と反発、21日には186ドル高と続伸したそうだ。
 こまかく見てないけど、その後、ダウ平均は1〜2年かかってはいるが、もとの水準まで戻している。さらにその後は、続伸している。

 …すごいなあ。
 ふだんは「市場至上」(←シャレか?)主義なのだが、必要な時には、パッと政治が介入する。
 「失われた10年」を持つ日本、ITバブル後も、ほとんど手をこまねいていた日本とは、大違いだ。

■関係ないけど、独り言。

 1987年10月。
 私は地方で、のんびりと、大学1年生をやっていた。
 大学入学以降は、ほとんどテレビを見なくなったので、ブラックマンデーも、あまり記憶にない。

 大学在学中に、テレビに首っ引きになっていたのは、2回だけだ。
 そのうちのひとつは、1991年の湾岸戦争だった。

 スーパーに買い物に行った時(一人暮らしなので、食品・日用品は自分で調達する)、なんとなく、トイレットペーパーを買った憶えがある。
「まあ大丈夫とは思うけど、一応、買っとくか」
みたいな感じだった。(笑)
 私だけじゃなくて、そういうお客さんが多かったようで、なぜかその日の店頭では、トイレットペーパーが、品薄っぽかったような気がする。

(ご存知ない若いかたのために説明すると、1973年に第四次中東戦争がきっかけで、また、1978年にイラン革命がきっかけとなり、原油価格が高騰。日本国内では、『オイルショック』として、原油価格とは直接関係ないはずのトイレットペーパーや洗剤などの買い占め騒動が起きた)

 きょう(2007年10月19日)の日経平均株価は一時、394円62銭安の1万6711円57銭まで下落した。
 先週末から下落ぎみではあったし、円安進行やインド市場の下落などが影響しているとはいえ、また、来週から本格化する9月中間決算時期を控え、もよう眺めムードがあるとはいえ、弊社(株式会社日本インタビュ新聞社)のベテランたちが、
「こんなに、下げるかな…?」
と首をかしげる場面もあった。

 上記の、トイレットペーパーのように、
「なんとなく、売っとくか」
みたいな…? それはないか。(笑)

 あっ、日経平均は大引けにかけて、291円安まで戻しました。
 また、弊社のベテランの話では、
「さすがに買い戻しの動きが出てきている」
ようなので、相場、そんなに心配しないでくださいね。(笑)

 下の報道も、この記事とは直接関係ないのだが、イメージ写真?みたいなつもりで入れておきます。
 しかし今回初めて知ったのだが、グリーンスパン氏は、そんな大昔(私にとっては、ブラックマンデーは「歴史上の出来事」(笑))から、FRB議長だったのか…すごい…。




posted by 田北知見 at 18:56 | 東京 ☁ | Comment(3) | TrackBack(13) | あの業界!こう見る
この記事へのコメント
以下は正確な資料によるものではありませんが私のあいまいな記憶によれば、ブラックマンデー後の金融危機をいち早く見越して公的資金を注入すると言ったのは宮沢喜一でした。ところが、「金融機関が株で損をするのは当然であり、公的資金を入れる必要なし」という世論(マスコミ)の声に負ける形で公的資金注入は断念されました。
その結果、住専に始まる相次ぐ金融機関の破綻が起こり、後の公的資金注入も遅きに失する形で、日本は「失われた10年」といわれる大不況に突入していきました。

後にサンデープロジェクトで以下のようなやり取りがありました。
田原総一郎「なぜあの時に公的資金を注入しなかったのか」
橋本隆太郎「公的資金を注入しなくても危機は回避できると思った。不良債権額があんなにあるとは知らなかった」
田原総一郎「何で知らなかったのか」
橋本隆太郎「大蔵省が教えてくれなかった」
田原総一郎「大蔵省が、自分たちの失策を隠す為に、首相にも不良債権総額を教えないなんていうことがあるのか」
橋本隆太郎「それが、本当に教えてくれなかったのだ」

小渕恵三が「世界一の借金王」と言った時の国債発行残高がたしか640兆円でした。「640兆円って何億円?」というバカな質問をした人がいましたが「640万億円」ですねバカな小学生の会話みたいな数字ですね。郷ひろみふうに言うと「0.6億千万円」IT業界ふうでは800T(テラ)円です。昭和の世代にわかり易く言うと1円玉1グラムに換算して640メガトン級の量です。

宮崎駿が「こんな借金返せるはずがない、返せるとしたら悪性インフレしかない、つまりは戦争だ!」と言っていましたが「さもありなむ」と言う話ですね。

そこで田北先生、国債が大暴落する場合と、戦争で悪性インフレが起こる場合、それぞれのシナリオで最良の資産運用についてアドバイスをいただけませんか?
Posted by メガトン at 2007年10月21日 21:23
ごめんなさい、先日のコメントでブラックマンデーとバブル崩壊を一緒にしていました。お恥ずかしい、穴があったら入りたい。
恥かきついでに、グリーンスパン議長はブラックマンデーを口八丁手八丁で仕切った人というイメージがあまりに強すぎる為、先ごろ引退した時「まだFRP議長を現役でやっていたのか」ということのほうが驚きでした。
Posted by メガトン at 2007年10月23日 21:20
FRBですね・・・
Posted by メガトン at 2007年10月29日 00:09
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

ブラックマンデー
Excerpt: 「ブラックマンデー」から20年 回復力失った日本株 綱渡り強いられる金融政策フジサンケイ ビジネスアイ米国株式市場で史上最大の22・6%もの暴落を記録した1987年10月19日の「ブラックマンデー(暗..
Weblog: mixi日記
Tracked: 2007-10-19 19:38

ブラックマンデー
Excerpt: B.M.N.(ブラックマンデーナイト)(1)商品価格:409円レビュー平均:0.0B.M.N.(ブラックマンデーナイト)(3)商品価格:409円レビュー平均:0.0B.M.N.(ブラックマンデーナイト..
Weblog: NEWS世界一!!!
Tracked: 2007-10-19 19:55

ブラックマンデー
Excerpt: 『ブラックマンデー』について。『ブラックマンデー』について、日経記事などから、概要を、以下に抜粋してみる。 ■概要と理由 1987年の10月19日、アメリカのニューヨーク株式相場が暴落した。 IBMや..
Weblog: ブログ芸能人
Tracked: 2007-10-19 20:02

ブラックマンデー
Excerpt: 『ブラックマンデー』について。『ブラックマンデー』について、日経記事などから、概要を、以下に抜粋してみる。 ■概要と理由 1987年の10月19日、アメリカのニューヨーク株式相場が暴落した。 IBMや..
Weblog: 松田翔太のプロフィール 身長 体重 ドラマ 映画情報 松田優作の次男
Tracked: 2007-10-19 22:26

ブラックマンデー
Excerpt: 見つけました!!『ブラックマンデー』について。『ブラックマンデー』について、日経記事などから、概要を、以下に抜粋してみる。 ■概要と理由 1987年の10月19日、アメリカのニューヨーク株式相場が暴落..
Weblog: うたばん 動画 news youtube 閲覧
Tracked: 2007-10-19 22:32

日経 株価
Excerpt: 会社情報データ集と株価チャート分析ソフトを集約したCD-ROM日本経済新聞社 CD-ROM 日経会社情報 最強版&チャート 2004年夏号商品価格:12,155円レビュー平均:0.0日経平均が..
Weblog: 株価最新情報!
Tracked: 2007-10-20 04:23

ブラックマンデー
Excerpt: ブラックマンデーフジサンケイ ビジネスアイ米国株式市場で史上最大の22・6%もの暴落を記録した1987年10月19日の「ブラックマンデー(暗黒の月曜日)」から20年を迎えた。当時、日本の日経平均株価は..
Weblog: 沢尻エリカ 【極秘】無料動画
Tracked: 2007-10-20 04:47

ブラックマンデー
Excerpt: ブラックマンデーフジサンケイ ビジネスアイ米国株式市場で史上最大の22・6%もの暴落を記録した1987年10月19日の「ブラックマンデー(暗黒の月曜日)」から20年を迎えた。当時、日本の日経平均株価は..
Weblog: パチンコウルトラマン
Tracked: 2007-10-20 08:04

ブラックマンデー
Excerpt: ブラックマンデーフジサンケイ ビジネスアイ米国株式市場で史上最大の22・6%もの暴落を記録した1987年10月19日の「ブラックマンデー(暗黒の月曜日)」から20年を迎えた。当時、日本の日経平均株価は..
Weblog: ネットバンキング
Tracked: 2007-10-20 10:00

ブラックマンデーの知りたい情報!
Excerpt: あの記事知りたい! ブラックマンデーフジサンケイ ビジネスアイ米国株式市場で史上最大の22・6%もの暴落を記録した1987年10月19日の「ブラックマンデー(暗黒の月曜日)」から20年を迎え..
Weblog: あの記事知りたい!
Tracked: 2007-10-20 11:26

ブラックマンデー 下落率
Excerpt: 米景気懸念で367ドル急落 NY株、今年3番目の下げ東京新聞19日は、同市場で株価が史上最大の下落率を記録した1987年のブラックマンデーから20年に当たる。 ハイテク株主体のナスダック総合指数は74..
Weblog: トレンドBlogブログ!
Tracked: 2007-10-20 14:29

ブラックマンデー
Excerpt: 今日はこんなことが!!ブラックマンデーフジサンケイ ビジネスアイ米国株式市場で史上最大の22・6%もの暴落を記録した1987年10月19日の「ブラックマンデー(暗黒の月曜日)」から20年を迎えた。当時..
Weblog: 真矢 みき ルナシー 別居 石黒彩 離婚
Tracked: 2007-10-20 19:06

ブラックマンデー 20周年のお話。
Excerpt: ☆赤面症をぶったぎって人生を変えるマニュアル
Weblog: 熱いニュースのリンク集!
Tracked: 2007-10-22 10:37

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。