2007年10月17日

鶴。



 ツル(鶴)といっても、日本で一般的にイメージされる、白地に赤と黒の、タンチョウヅル(丹頂鶴)とは違うのね。
 ヨーロッパの鶴だと思うからか、心なしか、小顔で、脚が長い気がする・・・って、そんなはずはないだろう。(笑)

 以前、おフランスに旅行した時、現地のハト(鳩)を見た。
 色合いとかは日本のハトと同じなのだが、ツアーで一緒の人と、冗談で、
「やっぱり、パリの鳩は、小顔で脚が長いよね」
「そうそう、ツンとすましてるの」
などと言い言いしたのを、思い出した。(笑)

 また、モンゴルでも、ツルを見かけた。
 上記の報道写真のような、グレーのツルだった。
 モンゴルの大草原で見たせいか、心なしか、ワイルドでカッコよく見えた。(笑)

 もちろん、日本のタンチョウヅルも、美しいと思う。
 以前もちょっと書いたけど、一度だけだが、北海道の釧路郊外で、タンチョウヅルを見たことがある。
 白い雪景色を背景に、スラリと優雅に立っている(と私には見えた)鶴たちは、ほんとうに美しかった。


posted by 田北知見 at 17:34 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 時事ネタいじり
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。