2007年09月27日

ミャンマーのデモと流血




 上記の報道は9月24日のものだ。
 その後、26日、27日には、軍事政権当局がデモ参加者の僧侶・市民ら数百人を拘束し、衝突や発砲による死傷者が出ている。

 途上国にありがちだが、やはりこのケースも、軍事政権と関係者・富裕層が富を独占、かつ格差が拡大していることで、市民の不満が高まった結果らしい。

 僧侶が立ち上がるなんて、よほどのことだと思う。

 もともと、同国の軍事政権は、人権無視などで、国際的に批判されていたけれど。

アウン・サン・スー・チー氏のことなんか、代表的な事例だ)
(ミャンマー軍事政権を認めていないアメリカのメディアなどでは、いまだに同国のことを「ビルマ」と表記してたりする)

 平和的解決を望むが、ウヤムヤのうちに軍事政権が維持される結果にはなってほしくない気もする。


posted by 田北知見 at 17:00 | 東京 ☁ | Comment(1) | TrackBack(0) | 時事ネタいじり
この記事へのコメント
友人が、テレビで歌っていたと教えてくれた歌で
♪首都の名前はラングーン♪
♪パパの地図ではビルマ♪
♪僕の地図ではミャンマーだ♪
♪きっみとぼくとでミャンマ〜だ♪
というのがありました。余談です。

研修生として日本に来ていたミャンマー人に、カタコトの英語で、何故国の名を変えたのか聞いたところ「昔からビャンマーだ」と教えてくれました。ミャンマー→ビャンマー→ビュルマー→ビルマと伝わるうちに変化したんでしょうね。イングリッシュをイギリスというようなものでしょう。彼等の国名が変わったのではなく日本での呼び方正常になっただけなようです。
アウン・サン・スー・チーさんのことを聞くのは失礼かなと思って遠慮していると、隣に座っていた人が直球勝負で「スーチーさんはどうなっている?」と聞いていました。彼らは困った顔をしていました。
「日本にヘロインはあるか、どこから持って来るか知っているか」と聞くので「ゴールデントライアングルからたくさん来るので困る、ナントカしてくれ」と答えると笑っていました。
政情不安定な国で、軍が一時的に政権をとることはあっても、長期軍事独裁政権はご指摘の通り腐敗するのでしょう。国連が間に入ってうまくまとめてくれるといいのですが・・・・・
Posted by おーい!水島!一緒に日本へ帰ろう! at 2007年09月28日 01:17
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。