2007年09月14日

自民党総裁選の行方



 きのう、かなりの希望的観測のつもりで、
「福田康夫氏がいいなあ」
と書いたら、ホントに自民党総裁選へ、出馬なさったので、驚いた。

 前回の総裁選では、アッサリ不出馬だったので、てっきり、ソノ気がないのだろうなと思っていたので・・・。
 タイミングを見計らっていた、ということだろうか。

 また、自民党内の各派閥がこぞって福田氏を推している、というのは、党内で、
「麻生太郎氏だと、国民からは、安倍晋三氏と、あんまり変わらないように見えるのでは」
と懸念されたのか。

(こないだの参院選前後も、国民のなかには「誰が首相をやっても同じ」という、あきらめムードがあった。私もきのう書いたけど、麻生氏だと、あんまり変わらないかな、と思っていた)

 あるいは、党内で麻生氏の人気がないのは、
「あんな小派閥から、総裁を出してたまるか」
という、力関係なのか。(笑)

 同じ自民党でも、福田総裁(首相)なら、少しは良くなるのではないか。と、これも希望的観測。(笑)


posted by 田北知見 at 19:25 | 東京 ☀ | Comment(1) | TrackBack(0) | 時事ネタいじり
この記事へのコメント
鈴木宗男がバッシングを受けていた時のこと、幼馴染がTVに出て「どんな子供でした?」との質問にに応えて曰く「あいつはすごく貧乏だった」
もうちょっと他にいい様がないもんかと思いましたが、貧乏さが他のどの印象よりも突出していたのでしょう。
松山千春も自著「足寄より」の中で自分が子供の時どんなに貧乏だったかを切々と書いていました。
あのバッシングの中、松山千春が鈴木宗男をかばい通して再当選させるのを見て、妙に感動してしまったのを覚えています。
安倍退陣のニュースを見ながらそんなことを思い出していました。

「簡単に総理になったから、簡単に投げ出す」と言っていたコメンテーターがいましたが、正解だと思います。
「坊ちゃんだから、打たれ弱い」という意見も正解だと思います。終盤戦、目が泳いでいましたもんね。
小泉元首相の憎憎しいまでのマスコミ操作術は天性のものでしょうか?それとも冷や飯を食わされていたときに「いつか見ておれ」と臥薪嘗胆で必死に勉強したのでしょうか?安倍首相(元首相?まだ首相?)も、あのクレバーさを持つと良かったですね。

ただ、気の毒な気はします。
年金問題は、安倍さんが悪いわけではありません。社会保険庁は、未だにデータの開示を出し渋っているそうです。どんなルートからの調査にも頑なに拒み続けているそうなので、民主党がやったらちゃんとできるのかは疑問です。
政治と金の問題についても、誰が、どういうスキャンダルで辞めたのか、本人の責任はどこまで追求されてしかるべきなのか、正確に把握して批判していた人が何人いたか疑問です。よってたかって溺れる犬を棒で叩いたように感じました。
私は古い考えなのかもしれませんが、政治家の金銭スキャンダルに限って言えば、1億円以下は「はした金」だと思うし、そんなことでよってたかって、選挙で選ばれた国民の代表を引きずりおろすことが日本の為になるとは思えません。そんなワイドショーネタで政治家の価値を計る風潮はいかがなものかと思います。難しい話にテレビの視聴者や、新聞の読者がついてこれなくなっているとしたら、そちらのほうが問題ではないでしょうか?
たまたま数日前に聞いた話ですが、「少し前まで新聞の1面は国際欄、2面は政治経済、3面は社会面で殺人などが扱われていた。3面記事と言う言葉にはどうでもいい記事というニュアンスがあった。1,2,3面を総合欄と呼ぶようになり、1面から殺人事件を取り上げるようになってから新聞の質は落ちた。」と言うことでした。売り上げ至上主義の弊害と言えると思います。

え〜、麻生太郎にがんばってもらいたいという話につなげたかったのですが、なかなかつながりません。
強引ですが、太郎がんばれ!
安倍さんも、若いんだから、元気になったらもう一回がんばれ。以上。
Posted by 鴨ばってん at 2007年09月15日 21:56
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。