2007年09月13日

安倍晋三首相の辞任表明について。




 多くの人が指摘しているように、私も、
「最悪のタイミング」
と思った。
 今このタイミングで辞意表明というのは、まるで逆ギレというか、ツラ当てに見える。
 ある週刊誌の見出しには、
「殿、ご乱心」
と書いてあって、笑ってしまった。

 私も、安倍首相の辞意表明のニュースに接した時、細川護熙 元首相のことを思い出した。
 あの時も、
「あっという間に、殿が、お隠れに」
と、冗談っぽく思った憶えがある(笑)。

 安倍首相の辞任時期については、よく言われるように、
 参院選大敗の直後に、「責任を取って」というタイミングか、
 あるいは、続投なら、開き直って、ある程度の結果が(良い結果か悪い結果かは別として)出るまで、しぶとく政権の座に居座れば良かったのだ。
 結局、小沢一郎や野中広務のように、ヒールに徹する強さもなかったのだなあ。

 一方で、基本的な考え方が「右」「タカ」な割には、就任直後に中国・韓国との関係改善を図るなど、国民の声に応える素直さも持っていた、と思う。そこは評価する。

 良くも悪くも、お坊ちゃま なのだなあ、と思った。

 次は麻生太郎首相・・・ですか・・・。うーむ・・・。
 あの方、この1年くらい、もうずっとやる気まんまんだったですしね・・・(笑)。
「安倍くんが岸信介の孫なら、俺は吉田茂の孫だ!」
みたいなアピールも、盛んになさってましたし・・・(笑)。
 しかしあの方の、これまでの言動から見ると、安倍首相時代よりも、良くなるとは・・・ムニャムニャ・・・(笑)。

 私の希望としては、福田康夫なのだが・・・。無理か・・・(笑)。 


posted by 田北知見 at 13:28 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(2) | 時事ネタいじり
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

安倍首相 辞任
Excerpt: 安倍晋三内閣総理大臣が辞任を発表。 所信表明演説をしておきながら、すぐに自ら辞め
Weblog: 本質
Tracked: 2007-09-13 14:05

細川護煕
Excerpt: 細川護煕|出生地:東京都千代田区本籍地:熊本県熊本市|上智大学|法学士|新聞記者参議院議員熊本県知事衆議院議員日本新党代表|#家族・親族|家族・親族参照|1993年..
Weblog: わかなの部屋
Tracked: 2007-09-16 03:24

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。