2007年07月18日

滋賀県 琵琶湖東部旅行 こぼれ話

 7月の3連休で、滋賀県 琵琶湖東岸の長浜市、彦根市、安土町へ旅行に行った。その時に遭遇した、ちょっとしたエピソード。

■JR西日本の「安全第一」

 安土駅近くには、これといった宿がないようなので、隣の近江八幡駅前のホテルに1泊した。
 朝、近江八幡駅から安土駅へ行こうとしたら、大阪・吹田駅のあたりで人身事故があったそうで、電車が止まっていた。
 JR西日本だ。

 いつ再開するかわからないというので、タクシーに乗った。
 運転手さんが言うには、以前は、事故とかで遅れたら、遅れを取り戻そうと、スピードを上げたり、止まった場合は、とにかく早期の運転再開を図っていたそうだが、
「例の事故(2005年4月に兵庫県尼崎市で起きた、JR西日本 福知山線の脱線事故。108人が死亡)があってから、今は、遅れたら、遅れっぱなしですわ」
とのことだった。

 両極端に振れすぎ。
 っていうか、あの事故の責任を、世間から、かなり厳しく追及されて、JRさんは、ふてくされているようにも見えた。
「ええ、ええ。安全が一番大事なんでっしゃろ? ええですわ。そんかし、遅れたかて、知らんがな」
みたいな。(笑)

■滋賀は関西圏

 地元の人は、関西弁っぽい喋り方をしていた。滋賀県内の、とくに南部などは、もう完全に京都や大阪の通勤圏らしい。

 たとえば、「です」の発音。
 東京だと、「で」にアクセントが来る。
 滋賀だと、「すぅ」と尻上がりに伸ばして発音し、かつ、「ぅ」にアクセントが来る。

 ところで、山の上にある、安土城址に登った。
 石垣が残っているくらいで、ただの山って感じなのだが、一応、登り口のところに受付(?)があって、入場料500円が必要だ。

 地元の人に、「安土の城跡に登った」という話をしたら、言われた。
「入場料500円、取られましたぁ? あ、やっぱり、取りよるやろ。ただの山やのにねえ。500円も取るんかいなと思いますやろ?」

 ……ここは、まぎれもなく関西圏だ。と思った。

■ヒッチコックではないが、「鳥」。

 琵琶湖の中に浮かぶ、竹生島に、船で行った。
 神社があり、歴史のある、神聖な島だそうだ。

 船上からは、鳥がたくさん見えた。
 カイツブリか、雁か、鷺か、私は鳥にうといので、よくわからなかったが、ホントにたくさんの鳥が、歌のとおり、「竿になり、鉤になり」、湖上を飛んでいるのが見えた。
「わ〜、琵琶湖っぽ〜い」
と感動した。

 しかし、地元の人にとっては、増えすぎて困っているという。
 そういえば、竹生島でも、木の上にたくさん止まっていた。ヒッチコックの映画ほどではなかったが。

■ひこにゃんのカブト

 いま私は『ひこにゃん』に、ハマっているので、彦根では、シールとか、絵本といった、子供向けのひこにゃんグッズを、自分用に大人買いした。
 絵本では、かぶりものをしていない、ひこにゃんを初めて見た。カワユス。
 ご当地キティちゃんとのコラボ商品もあったりして。カワユス。

 ところで、あのカブトの立て物(両サイドに立っている、ツノみたいな飾り)は、イラストというか、デザイン的なものだと思っていた。だって、みょうに長いし。
 でも、違った。
 博物館で、井伊直弼ら、当時の藩主にあつらえられた鎧兜の実物を見たところ、カブトの立て物は、ホントにあんなふうに、ビヨ〜ンと長いのだ。ほかの藩主のカブトもそうだったので、歴代、あのデザインが決まりごとなのかもしれない。

 ちなみに、両サイドにツノを立てることができるのは、藩主だけなのだそうだ。
 家臣は、カブトのヨコではなく、前(ひたいの上あたり)につけなければいけないと決まっていた。
 ひこにゃんは、殿様の命を救ったということで、特別に、両サイドに立て物をつけたカブトをかぶっているらしい。

■湖底遺跡

 琵琶湖には、「湖底遺跡」がある。
 今回は行かなかったが、滋賀県湖北町の葛篭尾崎(つづらおざき)というところにある。

 私もシロートながら結構あちこちの遺跡に行った(知ってる)つもりだったが、湖底にある遺跡というのは、初めて聞いた。

 葛篭尾崎の沖の湖底に、縄文・弥生時代の土器などが数多く沈んでいる。
 そのあたりは水深が深いところらしく、水深 数10メートルの湖底に沈んでいる遺跡は世界的にも珍しいそうだ。

 なぜ、湖底か。
「人が住んでいた場所が地形変動で沈んだ」とか、
「祭祀で、土器などを投げ込む場所だったのでは」とか、
「水流の関係で、湖中にあった遺物が、そこに集まったのではないか」
など、いくつかの説があるという。

 なかなか、古代ロマンを感じさせる話だ。

 琵琶湖岸には、古代から人が住んでいた。
 今回は行かなかった、湖の西側には、渡来人も多く住んでいたらしい。
 地名も、比良山とか皇子山とか、北小松(司馬遼太郎は、「こま」=「高麗」ではないか、と書いている)、和邇、蓬莱、安曇など、古代や渡来人をイメージさせる名前が多くある。
 また、今度は湖北や湖南〜湖西にも行ってみたいと思った。


posted by 田北知見 at 15:36 | 東京 ☁ | Comment(0) | TrackBack(4) | 趣味に走ってスミマセン
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

宿 京都 駅
Excerpt: 宿 京都 駅 !その宿の名前はホテルサンルート京都旅行前の準備は、まず、方向音痴の私は、地図で場所の確認!グーグルマップで「京都府京都市下京区河原町通り松原下ル難波町406」を入力して、しっかり場所を..
Weblog: お勧め!泊まってよかった京都市内の宿
Tracked: 2007-08-10 01:07

宿 京都 駅
Excerpt: 宿 京都 駅 !その宿の名前はホテルサンルート京都旅行前の準備は、まず、方向音痴の私は、地図で場所の確認!グーグルマップで「京都府京都市下京区河原町通り松原下ル難波町406」を入力して、しっかり場所を..
Weblog: お勧め!泊まってよかった京都市内の宿
Tracked: 2007-08-10 04:37

宿泊 京都 駅
Excerpt: 宿泊 京都 駅 !さて、それは一体どこでしょう!ヒントその1:その宿泊場所の感想特徴をお教えしましょう。四条河原町に近く、祇園・清水寺が徒歩圏内。京阪五条、阪急河原町駅へも徒歩5?7分と観光、ビジネス..
Weblog: 宿泊&京都市内で探しました!
Tracked: 2007-08-10 05:26

旅館 京都 駅
Excerpt: 旅館 京都 駅 !その旅館の名前はホテルサンルート京都旅行前、方向音痴の私は、場所の確認!グーグルマップが便利です。「京都府京都市下京区河原町通り松原下ル難波町406」をコピペ。あとは印刷!これで道に..
Weblog: 京都市内でお勧めの旅館、泊まってよかった!
Tracked: 2007-08-10 21:20

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。