2007年05月17日

『ペルセポリス』は、イラン女性の作品だけど

 『カンヌ国際映画祭』が16日、フランスのカンヌで始まった。今回は、60回目を迎えたそうだ。

 コンペティション部門の出品作品のなかに、アニメ作品『ペルセポリス』(イラン、フランス)がある。
 これについて書く。

■描かれているのは、イラン人の女性だけれど

 原作は、イラン出身で、現在はフランスでイラストレーターなどの仕事をしている、マルジャン・サトラピのコミックだ。
 サトラピは、映画では、ヴァンサン・パロノーとともに、監督を務めている。

 『ペルセポリス』は、サトラピ自身の経験を、独特の絵柄とセンスで描いている。
 日本のマンガとも違う。アメリカン・コミックとも違う。ヨーロッパ風の洗練されたイラストレーションとも違う。
 独特のペンタッチと、シンプルな線で構成された、どことなくかわいい絵柄と、黒っぽい画面は、やはり、私には、「イラン」をイメージさせる。

 この作品については、以前、このブログの2006年8月15日付け『いまだに、戦争が、』で書いた。

 1巻の『イランの少女マルジ』には、イランで少女時代をすごした、サトラピ自身の経験が描かれている。
 戦争や「革命」の悲惨さ、恐ろしさが伝わってくる。
 描かれているのは、1970〜80年代の、イラン・イラク戦争や、イラン革命だ。が、そこに描かれていること(たとえば、人権蹂躙とか)は、今のイランやイラクと、あまり変わらないように見える。そして、戦前〜戦中の日本とも。

 2巻の『マルジ、故郷に帰る』では、マルジは、ヨーロッパに1人で留学し、異邦人として、孤独と挫折を経験する。一度、イランに戻るのだが、イスラム国の窮屈さ、理不尽さに、やはり向いていないと実感し、再びヨーロッパへ旅立つ。
 中東、イスラムという、自分自身のルーツは大切にしつつも、やはり、自由と自立への希求を、已むことはできない。という気持ちが伝わってくる。

 そこに描かれているのは、イラン人の女性だが、
「ああ、わかるわかる、私も……」
と思う箇所が、たくさんある。




posted by 田北知見 at 17:08 | 東京 🌁 | Comment(0) | TrackBack(0) | よいこの読書感想文
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。