2007年03月06日

球春に思う、メジャーリーガーの孤独

 私が初めて野茂英雄投手の試合を観たのは、10数年前、東京ドームの近鉄バファローズ(当時)戦だった。

 内野席だったが、ご存知のとおり、ドームの席って、かなり急勾配で、選手が遠くに見える。
 けれども、野球ド素人の私にも、
「あのピッチャーの投げ方、ちょっと変わってる…?」
と、わかった。
 一緒に観戦した人から、
「あれが、あのピッチャー特有の投げ方なんだよ」
と教えてもらった。

■過酷な環境下で、1球1球を積み重ねる

 次に野茂の試合を観たのは、彼がドジャースに入団した1995年、米ロサンジェルスのドジャースタジアムだった。

 日本人メジャーリーガーの先鞭として、当時、かなり話題になり、マスコミにも騒がれていた。
 あの変わった投げ方は、アメリカで、
「トルネード」
と呼ばれた。

 日本では、野茂が登板した日は、必ずといっていいほどニュースで取り上げられていた。
(当時は、衛星放送が今ほど普及しておらず、日本の家庭で、メジャーリーグの全試合を通しでふつうに見られる環境ではなかった。)
 スピード感のあるBGMや効果音、歯切れの良いスポーツキャスターのアナウンスを背景に、野茂がビュンビュンと投げる姿がテレビに大写しになった。

 私が試合を観に行ったのは、6月の暑い時期で、平日昼間だったせいか、好カードではなかったからか、スタンドは満員というわけではなかった。マスコミもあまり来ていなかった。
(ただ、日本の騒々しい応援に慣れているので、海外の試合は閑散としているように感じられただけかも)
 外野席なら、当日、窓口でチケットを買えた。

 野茂は、先発で出ていた。というか、確か7〜8回くらいまで、ずっと1人で投げていたと記憶している。
 遠くの外野席から見るせいで、野茂はとても小っちゃく見えた。(ホントはデカいのだが)
 カリフォルニアの刺すようにきつい日差しのなか、野茂は、1球1球、くるん、くるん、と小さなトルネードをつくっては、投げていた。
 日本のテレビで観る、派手で景気の良い光景とは、違っていた。

 もちろん、時と場合によっては、かなり華やかなシーンを見ることもできただろう。
 彼の経歴を見ると、メジャーで「日本人初のオールスター先発投手となった」「入団した年に、13勝6敗、236奪三振の成績で新人王、奪三振王のタイトルを獲得」など、華やかな受賞歴が並ぶ。
 けれども、私は、
「この選手は、こうやって、1球1球を積み重ねているんだなあ」
と実感したのだった。

■あとに続く選手たちも

 松井秀喜選手がニューヨーク・ヤンキースに入団した2003年には、ふつうの家庭でも、メジャーの試合を、通しで観られるようになっていた。

 私は野球に関してはサッパリなのだが、「日本のトップ選手は、アメリカのメジャーで通用するのだろうか?」という好奇心から、最初の何試合かは、衛生テレビで、通しで観てみた。

 私が観た試合では、確か、1打席ごと(もしかしたら1球ごとだったかもしれない)に、グッドジョブの時は、景気の良いBGM、残念な時は、残念な音楽が流れるのだ。
 厳しいプロの世界で、当然といえば当然だが、1球、1打席もおろそかにはできないのだ、という緊張感を伝えてきた。

 また、確かNHKのドキュメンタリーで観たのだが、松井選手は、メジャーデビュー戦の朝、球場に向かう車の中で、インタビューを受けていた。デビューに向けて、ゆっくり緊張する(?)こともできないのだ。すごい精神力だと思った。

「あの人たちは、なんてスゴイところにいるんだ…」
と驚嘆したのだった。

 ボストン・レッドソックスの松坂大輔投手も、ぜひ、がんばってほしい。


posted by 田北知見 at 18:53 | 東京 ☀ | Comment(2) | TrackBack(1) | 〜について思ったこと
この記事へのコメント
私のサイトで
こちらの記事を紹介させて頂きましたので
ご連絡させて頂きました。

紹介記事は
http://blog.livedoor.jp/mvp9/archives/52925687.html
です。

これからもよろしくお願いいたします^^
Posted by 安田一平 at 2007年03月06日 19:40
ビジネス の場所 暮らし こぼれ話 とも述べた 実施されるゲイ ブラック 摘されている 共通して反対するテーマ アルジャジーラが報じた
Posted by 民間人は今年 at 2007年03月10日 08:26
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

松井秀喜選手好調 ファスナーも全開^^;
Excerpt: ヤンキースの松井秀喜選手、怪我が完治して好調のようです。 パイレーツとのオープン戦に『3番・左翼』で先発出場して2打数1安打1四球でした。 そこでちょっとしたアクシデントが・・・集中しすぎたんでしょう..
Weblog: ニュ~ス/チェックpod
Tracked: 2007-03-07 10:31

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。