2006年12月27日

乙女とオバハン


 以前、日経新聞夕刊の連載『こころの玉手箱』に、田辺聖子が登場していた。

 そのなかで、「千代紙」について触れた回があった。田辺は、
「もようが可愛くて好きで、たくさん集めている」
という意味のことを言っている。
 そして、その千代紙をどうするかというと、空き箱に貼って、物入れとかにするのだそうだ。
 私はそれを読んで、「乙女」と「オバハン」(←悪い意味ではなくて、おとなの女性らしい落ち着きがあり、良い意味で現実的、でも女性としての可愛さもある、というニュアンス)が同居している……、と思った。

 田辺は戦前、大きな写真館のお嬢さんだったらしい。
 それから齢70年以上を重ね、日本を代表する大ベテラン作家のひとりとなった今も、スヌーピー愛好家で、宝塚ファンとしても有名だ。おとなの職業人でありつつも、乙女のような可愛さ、みずみずしい感性を持っているのだろう。

■おとなの鑑賞に耐える恋愛小説

 私は20代後半のころ、一時期、田辺聖子の小説に凝っていた。

 田辺の書く、「おとなの恋愛小説」が好きだった。

 登場人物は、女性も男性も、30代以上。作品によっては50代、60代だったりする。年齢を重ねているから、良くも悪くも人間としてのくさみがあって、それがまた魅力だったりする。

 コドモ(若者)向けの恋愛小説のように、非現実的な美しさはないのだが、却ってリアルで良かった。それでいて、ちゃんと甘みがあって、関西ものらしい可笑しみがあって、ちょっぴりペーソスも入っている。おとなの鑑賞に耐える恋愛小説だと思った。

 今でも、日本には、おとなの鑑賞に耐える恋愛小説はあまりないように思える。ただエッチなだけだったり、ただの不倫小説なら、いっぱいあるけど。(でも、いまはもう、恋愛小説は読まない。おもしろいとは思わなくなってしまった)

 田辺聖子は、森瑤子と並んで、20代後半の私にとって、「おとなの恋愛小説」だった。


posted by 田北知見 at 16:42 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | よいこの読書感想文
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。