2006年08月24日

月光写真展を見て

 東京・八重洲の大丸ミュージアムで『石川賢治 月光写真展』を見た。
 宣伝ポスターで、紺色の濃淡で石がゴロンと写っている幻想的な写真を見て、ルネ・マグリットの絵みたいだな、と気になって見に行った。

 月の光だけで撮ったという、オーストラリアの砂漠などを写した、白と紺色の濃淡の写真ばかりが並ぶ。たぶん長時間露出(というのかな)で撮ったのだろう。
 会場はかなり暗くしてあって、写真が浮かび上がっているように見える。BGMは環境音楽というのだろうか、虫の音を彷彿とさせるようなかすかな音や、アボリジニの民族楽器のような静かな不思議な音色で構成されている。砂と民族楽器などでつくられたインスタレーション(でいいのかな)も置かれていて、さらに幻想的な雰囲気を醸し出している。

 それぞれの写真を見ていると、自分が以前行った時の気分や音や匂いや空気の感じを思い出した。

 オーストラリア各地の砂漠。
 私が行ったのは、シドニーから車で2〜3時間の所にある砂漠で、ツアーだったので、写真ほど美しくはなかったが。
 参加者の1人がデンマーク出身の人で、一面の白い砂を見て、
「故郷の雪景色のようだ」
と言ったのを思い出した。
 先住民族アボリジニの民俗楽器ディジュリドゥの不思議な音色も。

 サイパンの海。
 遠浅の海が美しかった。何十メートル沖に向かって歩いても、海水は膝の高さまでにしかならなかった。
 その遠浅の場所が気に入って、日がな1日、そこで寝転んだり水に浸かっていた。早朝なんかはほとんど人がいなくて、自分を中心に半径数十(数百?)メートル以内に誰もいなかった。
 一度、雨が降ったことがある。ほとんど波のない海面を雨が叩くと、こんな音がするのか…と思った。不思議な音だった。

 ハワイ島の火山。
 写真は火が吹いているド迫力の場面だ。
 私が行ったのはツアーで、観光客用の安全な所だけだった。それでも、あちこちから水蒸気が上がっていたりして、けっこう怖かったことを思い出した。

 バリのジャングルと渓谷と草っ原。
 渓谷ぞいの散歩道を歩いたことがある。人の気配は全くないし、まるでジャングルみたいに木や草が生い茂っていて、ちょっと怖かった。そして、むわっとするあの空気。熱帯!って感じだった。
 別の時には草っ原の一本道を散歩した。どこまで行っても草っ原が続くし、あんまり人とも出会わないので、なんだか不安になって途中で引き返した。あれも不思議な体験だった。

 京都の銀閣寺向月台。
 向月台は、銀閣寺の庭にあるオブジェ(←イヤ、違うのだが)で、砂を大きなプリン型で固めて逆さにしたように見える。15世紀造営の日本庭園に、こんなものが? こりゃまたずいぶんアバンギャルドだなあ、とかなり度肝を抜かれた。向月台は後世のものだと何かで読んだ気もするが。
 私も足利義政のように、ここで月見がしたい、と思ったのだが、もちろん一観光客にそんなことは許されない。今回、写真で見れてうれしい。

 月下美人。
 写真展では、さまざまな花や植物や動物の接写もあった。
 月下美人は夜に咲いて、しかもすぐにしぼんでしまう花だ。咲かせるのも難しいと聞いたような気がする。
 私は以前、一時期住んでいた神奈川県の家で咲いたのを見たことがある。見た目も清楚で美しいが、匂いが良かった。
 その家の70代の女主人は園芸好きで、庭にはいろんな木や花が繁茂していたなあ、と思い出した。

 中国安徽省の山。
 15年ほど前、私が行ったのは桂林だが、いやホントに、墨絵そのままの景色なんだよね。
 ただ、時々、山の上に鉄塔が立っていて、現代だということを思い出させてくれるのだが(笑)。

 写真展は9月5日までやっているので、良かったら、見に行ってみてください。いろんな思い出がよみがえるかもしれません。


posted by 田北知見 at 13:33 | 東京 🌁 | Comment(1) | TrackBack(0) | 趣味に走ってスミマセン
この記事へのコメント
―波のない海に落ちる雨の音―。

読んでいて、何か、不可思議な感覚に包まれました。突如、人間の世界を遥かに超越したような地点から発せられた、存在の「ささやき」「ざわめき」の音。透明で、清冽な―。

その不思議な感覚は、自然(存在)への畏怖感を喚起すると同時に、その音を感受する「たった、一人の意識」というものの、不可思議さにも導いてゆきます。

本当に「一人になる」というのは、誰にでも出来ることではないですよね。その感覚が、この経験に不可思議な陰翳を与えています。

とても、印象深い、刻み込まれるような経験、挿話ですね。
Posted by 匿名居士 at 2006年09月01日 11:47
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。