2011年07月01日

「近所のパートさん」、その後から連想――銘柄ウォッチ

田北知見の銘柄ウオッチ 以前、「近所にあるスーパー内にあるクリーニング屋さんの、パートタイマーさんが似た雰囲気の女性ばかりで…」という内容を書いたことがある。いつも行っているクリーニング店で、店頭受付を行なっている女性パートさんが、シフトで数人いらっしゃるのだが、皆、見た目や雰囲気が似ているのだ。これは店長さんの「好み」(一緒に仕事をする上で、やりやすそうな人、接客に良さそうな人という意味で)なのだろうなと思ったのだった。

 しかし、その原稿を書いてから後、しばらく通ってそれぞれの人と接しているうちに、だんだん個性が掴めてきた。私はいつも、バラバラな時間帯に衣類を持って行ったり、取りに行ったりするので、どのシフトの人の接客も受ける機会があるのだ。人によって、愛想はいまひとつだが、仕事はシッカリする人、愛想は良いのだが調子が良く、仕事はてきとうな人、愛想は良くも悪くもなく、仕事がイヤそうな人など、いろいろなキャラの人がいると分かってきた。パッと見は似ていても、当然といえば当然だが、やはりそれぞれの個性があって、やはり人間っておもしろいと思うのだ。

 「パートさん」から連想して、スーパー銘柄を見てみた。

★イオン〈8267〉(東1)

 GMS(大規模総合スーパー)などを全国展開するイオン<8267>(東1)を入れる。1日終値は2円安の966円。単位100株。PERは約19.3倍、PBRは約0.8倍となっている。チャートはこの約1ヵ月、下値900円ラインで底を打ち、ジリ高トレンドを形成している。まずは1000円フシまでの戻りを目指す。信用倍率は約0.6倍の売り長で、買戻しにも期待できそうだ。ゴールドマンサックス証券は6月21日付けのレーティングで投資判断「買い」、目標株価1100円とした。

★イズミヤ〈8266〉(東1)

 関西を地盤に、スーパーを約90店を展開するイズミヤ<8266>(東1)を入れる。1日終値は2円安の326円。単位1000株。PERは約34.7倍、PBRは約0.3倍となっている。チャートは6月17日につけた直近安値300円からの反発局面。まずは次のフシであり26週移動平均線でもある、300円台央が目標となりそうだ。板を見ると買い気がやや優勢。

田北知見(たきた・ともみ)
エネルギー業界専門紙の記者を経て、現在、株式ジャーナリスト、日本インタビュ新聞社記者。雑誌や証券専門紙への寄稿、ムック「インド株成功の極意」などに執筆。著書に実業之日本社から「分足チャートで儲ける 超デイトレ入門」、かんき出版からは「サラリーマン投資家のための株 黄金分割比投資法」などがある。また企業のIR支援活動にも携わっている。



posted by 田北知見 at 17:48 | 東京 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日常→銘柄探し
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。