2011年03月04日

手軽に海外気分。輸入酒・食品連想株を診断――銘柄ウォッチ

田北知見の銘柄ウオッチ 時々、海外からの輸入食品を多く販売している店舗へ行き、手軽に「外国気分」を楽しむことがある。たとえば、近所にある『やまや』の店舗。酒類専門店の全国チェーンだが、外国の食品の売り場スペースが3分の1くらいを占めている。もちろん、中心は日本酒、焼酎、ビール類や直輸入ワイン等の酒類だ。しかしその他に、ヨーロッパのチョコレートや紅茶、ハーブティ、パスタ、パスタソース、東南アジアのエスニック味のスープや麺類など、食品の種類がけっこう豊富なのだ。

 他には『カルディ コーヒーファーム』にもよく行く。キャメル珈琲(本社・東京、非上場)が全国で約200店を展開しているコーヒー豆店だ。こちらも店舗によるのだろうが、私がいつも行っている店舗では、コーヒー豆のほかに、輸入ワイン、輸入菓子、外国のチーズや生ハム、調味料などもかなり多く置かれている。

 近所のお店に行って、数百円〜数千円の買い物をして、ちょっと外国気分を味わう。日常の彩りとして、楽しいと思うのだ。

 やまやと、同社がイオングループということから、イオンの銘柄診断をしてみた。

★やまや〈9994〉(東1)

 酒類専門店を全国で約260店、展開しているやまや<9994>(東1)。4日終値は7円安の938円。単位100株。PERは約7.7倍、PBRは約0.6倍となっている。チャートは昨年10月29日につけた直近安値671円から反発し、以降は上昇トレンドで来ている。現在の900円台央は高値圏。また、信用倍率は約15倍と、かなりの売り長となっており、カラ売り銘柄の様相を呈している。今は様子見が無難か。800円ラインあたりの押し目を待って拾いたい。業績は好調でPER・PBRともに割高感はないので、中期では1000円ライン奪回も視野に入ろう。

★イオン〈8267〉(東1)

 総合スーパーで、ジャスコ、サティなどの『イオン』統一化が話題のイオン<8267>(東1)。4日終値は2円高の1028円。単位100株。PERは約13.7倍、PBRは約0.9倍となっている。チャートはこの半年ほど、900円ラインから1100円ラインへの上昇トレンド。1000円ラインの押し目を拾い、上値1100円フシまでの戻りを目指すのが無難か。シティグループ証券のレーティングでは、投資判断「2M」(中立・中リスク)、目標株価1050円とされた。

田北知見(たきた・ともみ)
エネルギー業界専門紙の記者を経て、現在、株式ジャーナリスト、日本インタビュ新聞社記者。雑誌や証券専門紙への寄稿、ムック「インド株成功の極意」などに執筆。著書に実業之日本社から「分足チャートで儲ける 超デイトレ入門」、かんき出版からは「サラリーマン投資家のための株 黄金分割比投資法」などがある。また企業のIR支援活動にも携わっている。



posted by 田北知見 at 15:22 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日常→銘柄探し
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。