2006年05月17日

エジプトで、「山田くん、座布団1枚持ってきて」と思った時。

 テレビ『笑点』の『大喜利』。三遊亭圓楽さんが司会をお引きになった。もう見れないと思うと残念だ。

 ところで、しつこいですが、エジプトネタ。
 エジプト旅行中、ちょっと面白いことを言われて、
「山田くん、座布団1枚持ってきて」
と思った小ネタを書いてみる。

〈その1〉ビンボー争い
 遺跡の売店で買い物をした。エジプトに行って初めての買い物だった。
 ガイドブックによると、エジプトでは、ものを買う時には値切らなければいけないらしい。早速、
「ディスカウントしてくれないか?」
と持ちかけてみた。が、売り手のおじいさんは、
「ノー」
と、にべもない。私は食い下がった。
「私はとてもビンボーなのだ」
 おじいさんはニコリともせず答えた。
「おれもだ」

〈その2〉ここはエジプト
 旅行中、デジカメのメモリー容量がいっぱいになってしまったので、レンズつきフィルム(使い捨てカメラ)を買うことにした。
 店のお兄さんに、これはいくらだ、と訊くと「50ドルだ」という。(観光地では米ドルが流通している)
 もうこのころになると、私のほうも値切り慣れてきている。驚いたフリをして、というか、実際、そのボりように驚いて、
「50ドル!? こんなもの、日本では10ドルだよ?」
と言った。
 けれどもお兄さんはすまして言った。
「ここはエジプトだ」
 ……確かに。

〈その3〉よけい汚れそう
 ツアーの日程には、4泊のナイル河クルーズも含まれていた。
 クルーズ船は、ホテルのような感じで、レストランやラウンジがあり、ランドリーサービスとかもあった。あまり高くなかったので、シワシワになったズボンのクリーニングを頼むことにした。
 専用袋に入れてフロントに持って行くと、フロントのお兄さんはニコニコ笑って言った。
「お金を払ってクリーニングなんか頼まなくても、自分でナイル河で洗濯しちゃどうです?」


posted by 田北知見 at 11:06 | 東京 🌁 | Comment(0) | TrackBack(1) | 趣味に走ってスミマセン
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

外貨預金との違い
Excerpt: 銀行で取り扱っている外貨預金とFX(外為証拠金取引)は、どこがちがうのでしょうか。
Weblog: 外為の雑学集
Tracked: 2006-05-18 00:25

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。