2006年05月16日

ひとケタちがう

 去年、イタリアのナポリに行った時。港ぎわに石造りの城があったので、現地人ガイドさんに訊いてみた。
「このお城は、いつのものですか?」
 カルロス・ゴーン日産社長似のガイドさんは、こともなげに答えた。
「800年前。平安時代です」
 えっ? と思った。800年前は平安時代じゃなくて鎌倉時代だ。いや、そこに驚いたのではなくて。
 そんな古い建物が、ふつうの地方都市に、ふつうに建っていて、とくに特別な存在ではなく、市内にいくつもある観光名所のひとつにすぎず、ふつうに公開されていて、観光客はふつうにその建物に入って行く。
 日本にも、1000年くらい前の建物とか、現存していなくはないが、だいたいは、ものすごく重要な文化財となっていて、柵で囲われていて外からしか見れなかったりとか。実際は、後世に建て直されたものだったりとか。
 その何年か前に、フランスなど欧州内のほかの国に行った時も同じように驚いたのだが、やっぱり、ヨーロッパってスゴイと思った。

 今年のゴールデンウィーク中、私はエジプト旅行に行ったのだが、さらにスゴイと思った。
 5000年前とか3000年前の建造物が、ふつうに建っているのだ。ピラミッドは有名だが、それ以外にも、全国あちこちに、それくらいの古さの神殿だの何だのがたくさん建っている。
 2000年前の地震で倒れた石像が、そのまま倒れていたりとか。スゴイ。
 数百年ではない、数千年の単位なのだ。
 負けた、と思った。イヤ別に、こういうことに勝ち負けはないのだが。

 以前、石油関係の会社にお勤めの人と話をしていた時。
 私は歴史が趣味なので、100年くらい昔の話をされても、
「そんなの、最近じゃん」
って思っちゃうんですよね、みたいな話をした。
「何百年とか、何千年とかのスパンで考えちゃうんで」
 するとその人は答えた。
「うーん・・・、僕なんかは、何万年前とかで考えるからなあ・・・」
 その人は、地質学が専攻で、石油の埋蔵などを探査する技師だった。
 負けた、と思った。別に勝ち負けはないのだが、なんとなく。


posted by 田北知見 at 11:29 | 東京 ☁ | Comment(0) | TrackBack(2) | 〜について思ったこと
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

医療保険比較で医療保険
Excerpt: 医療保険比較で医療保険
Weblog: 医療保険比較で医療保険
Tracked: 2006-06-14 08:07

ブライダルエステ名古屋
Excerpt: ブライダルエステ名古屋のご紹介
Weblog: 名古屋
Tracked: 2006-08-30 09:45

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。