2006年04月04日

「女性CEO銘柄」というセクター その2 ダイエー(8263)

 以前、「女性会長銘柄」と勝手にw名づけ、三洋電機(6764)と、野中ともよ代表取締役会長兼CEOについて書いた。
 セクター名を「女性CEO銘柄」と、またもや勝手にw改め、きょうはダイエー(8263)について書いてみた。

 ダイエーは2005年初に産業再生機構の経営支援が決定し、以降、不採算店の閉鎖や、非コア事業からの撤退、リストラなどによる再建を進めている。
 現在の代表取締役会長兼CEOである林文子氏は、2005年5月に就任した。林氏は東京都立青山高等学校卒業、フォルクスワーゲン東京の社長、ビー・エム・ダブリュー東京の社長等を経て現職。
 就任が発表されたのは2005年3月末だった。ただちに再建への期待で株価がグングン上がった……ということはなく、しばらくはジリ安となった。
 8月に底値1600円をつけたあと、2006年2月には高値4600円をつけた。JPモルガン証券が「リストラクチャー効果で売り場面積あたりの投資効率が改善した」とし、投資判断を「強気」「妥当株価6500円」としたことを受けた。
 株価はその後、調整に入り、きのう4月3日の終値は3760円となっている。

 同社の再建策は上記のほか、丸井(8252)から人材・業務面での支援を受けたり、ユニクロと提携して低価格カジュアル衣料の新ブランドを今秋から発売する予定としたり、食品部門では自社ブランドの「おいしく食べたい」を新たに開発したり。
 閉鎖、撤退、リストラだけでなく、「打って出る」ほうの施策も行なっている。

 林氏は、BMW東京の支店長時代は「ほめ殺し」で部下をやる気にさせる管理職として、フォルクスワーゲン東京の社長時代は「スピード経営」で有名だったそうだ。

 ダイエーの2006年2月通期の連結業績予想は営業収益1兆6700億円(前年比8.9%減)と微減だが、経常利益は230億円(同215.0%増)と前年比約3倍を見込んでいる。純利益は4030億円(前年は5111億9800万円の損失)を予想している。2005年2月期の経常利益の前年比落ち込みや、純損失の発生から、早くも立ち直る気配を見せている。
 すべてが林会長ひとりの功績ではないだろうが、社員やスタッフのモチベーションを高める林会長の手腕が、速い業績持ち直しにつながっていることは間違いないだろう。


posted by 田北知見 at 12:07 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日常→銘柄探し
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。