2009年07月16日

会社近くの「いつもの店」。コンビニ連想銘柄――銘柄ウォッチ

田北知見の銘柄ウオッチ 会社の近くに、毎日のように行くコンビニエンスストア(ローソン)がある。店員さんは、男性、女性、日本人、中国人、ギャルっぽい女子、モッサリ系の男子、メガネ女子など、いろいろなタイプのアルバイターさんが、入れ替わり立ちかわり働いているのだが、どの人も、テキパキ仕事をし、手が空いたら品出しなどをコマメに行ない、お客に対する挨拶もきちんとしていて、いつ行っても気持ちよく買い物ができる。(ヒドい店舗だと、ろくに「いらっしゃいませ」「ありがとうございました」も言わず、手が空いてもスタッフどうし、おしゃべりばかりしていたりする。)

 時々見える、爆笑問題の太田光にちょっと似た30歳くらいの男性が、たぶん店長さんか、エリアマネージャーさんだと思う。スタッフを募集した際には、面接をきちんとし、教育をちゃんとしているのだろう。FCにしろ直営店にしろ、コンビニは、商品等だけを見れば、全国どこでも同じだ。が、お客が「いつもの店」にするか、あるいは「できれば他の店にしよう」と思うかなど、店の成否は「人」なのだな、と私は思う。とくに、店舗数が飽和状態だといわれる現在はそうだろう。

 「コンビニ」から連想した優良銘柄。

★山崎製パン〈2212〉

 山崎製パン<2212>(東1)は製パン最大手企業だが、コンビニ事業も展開していることから、ここに入れる。今期2009年12月期連結業績予想は、売上高9100億円(前年比12.1%増)、営業利益260億円(同0.7%増)、経常利益232億円(同7.6%増)、純利益84億円(同40.3%増)と、増収増益を見込んでいる。『会社四季報』には、次期2010年12月期も増収増益との予想値が出ている。

 16日終値は27円高の1110円。チャートは6月4日につけた年初来安値973円を底に、凸凹しながらもジリ高トレンドとなっている好チャート。PERは29.13倍と高めだが、信用倍率は0.32倍の売り長なので、買い戻しも期待できそうだ。また、食品株は内需株、ディフェンシブ株として、最近の買いテーマにもなっている。円高傾向で原材料費調達に有利になるとの見方からも、物色されているようだ。

★ピックルスコーポレーション〈2925・JQ〉

 ピックルスコーポレーション<2925>(JQ)は漬物業界1位企業。おもにコンビニなどへ商品を出していることからの連想で、ここに入れる。今期2010年2月期連結業績予想は、売上高196億6600万円(前年比6.3%増)、営業利益4億3200万円(同8.2%増)、経常利益4億4600万円(同8.0%増)、純利益2億1400万円(同5.8%増)と、増収増益を見込んでいる。

 今期(通期末)配当金は10円予想。16日終値324円で、利回り約3.1%の計算となる。PERは9.87倍、PBRは0.39倍と割安。チャートは3月11日につけた上場来安値271円から反発し、以降は薄商いながらジリ高トレンドとなっている。ここ数日は第1四半期好決算発表で乱高下していたが、落ち着いたようなので、拾い時かもしれない。株価3ケタ、単位100株の売買しやすさも魅力だ。

田北知見(たきた・ともみ)
エネルギー業界専門紙の記者を経て、現在、株式ジャーナリスト、日本インタビュ新聞社記者。雑誌や証券専門紙への寄稿、ムック「インド株成功の極意」などに執筆。著書に実業之日本社から「分足チャートで儲ける 超デイトレ入門」、かんき出版からは「サラリーマン投資家のための株 黄金分割比投資法」などがある。また企業のIR支援活動にも携わっている。



posted by 田北知見 at 16:22 | 東京 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日常→銘柄探し
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。