2008年12月26日

株価と諸行無常

株式市場を定点観測するようになって、
「この世は諸行無常
盛者必衰のことわり」
と、とても当たり前のことを実感した。
(大げさですみません。
「おまえは平家物語を語る琵琶法師か!?」
とツッコんでください)

 銘柄でも業種でもいい、定点観測していると、昨日上がったものは今日下がり、今日下がったものは明日上がる。
 日ごとじゃなくても、週ごと、月ごと、半期ごと、1年ごとの単位で見れば、必ずそうなっている。
(たまに、どうしてもダメダメで、退場(上場廃止)してしまう銘柄もあるが)
 いや、市場全体ですら、ある程度、上がりすぎて過熱すれば調整に入る。下がっても、ずっと下がりっぱなしではなく、いつかは戻す。

 という、市場関係者なら、いや、人として誰でも知っていることを、実感したのだった。

 というわけで、2009年はぜひ、リバウンドの年でありますように。
(「神頼みかい!?」
とツッコんでください)


posted by 田北知見 at 15:58 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | あの業界!こう見る
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。