2008年08月06日

伝える責任〜ヒロシマ、63回目の原爆の日に寄せて




 いま、日系アメリカ人が書いたミステリーを読んでいる。
 アメリカ生まれ、アメリカ育ちのアメリカ人著者にしては、かなり日本のことや、日本人のメンタリティについて、正確に把握しているなあ、と思う。
 それでも、やはり、原爆や放射能の恐怖については、認識がやや不足しているなあ、と思ってしまう。
 以前も書いたが、やはり、被爆した当事者でないと、なかなか「核の恐怖」は解らない。
(日本人は皆、広義の被爆「当事者」だと私は思っている。)
 人類のために、核の恐怖を伝える責任があるのではないか。と、大げさかもしれないが、思ってしまうのだ。


posted by 田北知見 at 17:43 | 東京 🌁 | Comment(0) | TrackBack(0) | 時事ネタいじり
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。