2008年08月05日

映画『クライマーズ・ハイ』を観た。

 日本映画は観ない。
 上映時間を確認して、わざわざ電車に乗って映画館へ行って、2000円近くも払ってまで、観なくてもいいや。と思っていた。
 でもなぜか、『クライマーズ・ハイ』を観に行ってしまった。
 1985年8月、日航機が群馬県御巣鷹山に墜落した事故を軸とした、地元紙・北関東新聞の記者たちの人間ドラマだ。
 横山秀夫原作、原田眞人監督。

 結論から言う。
 おもしろかった。いい映画だと思った。

■人間模様がおもしろい

 まずいいのは、いろいろなキャラクターが出てくる点だ。

 主人公の、日航機事故 全権デスク悠木。ふだんは「やんちゃな遊軍記者」だが、デスク役となると、慎重さが先に立ってしまい、上役との折り合いもヘタクソで、イタイ場面も多々ある。

 県警キャップも務める優秀な記者、佐山。

 「過去の栄光」にひたり、若手からは恐竜呼ばわりされる、局長、次長、部長の3上役。しかしそれぞれ、ポイントポイントでキーマンとなったり。

 主人公悠木の同期(的な存在)でデスクの、岸と田沢。岸は基本的に味方で、要所要所でサポートをしてくれる。田沢は悠木をライバル視しているが、イザという時は援護してくれたり。

 悲惨な事故現場を見てノイローゼ気味になってしまった若手記者、神沢と、自分の強みを活かしてスクープを取ろうとする女性記者、玉置には、なんとなくシンパシーを感じたり。(笑)

 いい味出してると思ったのは、整理部の亀嶋部長と吉井。

 また、販売局の局長は、「いかにも!」って感じの、ガラの悪さ(笑)が、これまたいい味を出している。

■ 報道者の良心、登山のように行く人生

 クライマックスのひとつは、

〈以下、ネタバレ注意〉



 事故原因についてのスクープだろう。
 佐山と玉置の両記者が、事故調の委員長にはりつき、ウラを取ろうとするシーン。
 そして、その結果を、本社で待つ悠木デスクに電話で伝える。
 その微妙な報告に、悠木は掲載するかどうか、迷う…。

 私だったら、どうするだろうか、と思った。
 私がデスクなら、たぶん載せる。
同業他社が掲載したように「の可能性」とか、
北関東新聞の予定稿のように「が有力」とか、
あるいは「か」や「も」をつけて逃げておけば、大丈夫。
と判断して、載せただろう。もし誤報になったとしても、誰かが傷つくような内容ではないからだ。

 でも、悠木はそうしなかった。
 報道者としての良心、つまり、「確実(真実)でないものは、報道しない」という信念に従ったのだ。
 私はそのシーンを見ながら、
「なにをヌルいことを…」
「だから抜かれるんだよ」
と歯噛みした(笑)。

 しかし最後のシーンで、解る。
「報道者としての良心に従って、誰に恥じることもない生き方」
「間違ったとしても、いくらでもやり直せるんだよ」
「そう、自分のペースで山を登るようにね」
と。


posted by 田北知見 at 18:42 | 東京 🌁 | Comment(0) | TrackBack(0) | 趣味に走ってスミマセン
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。