2008年07月17日

海外で、「しょうゆ味のものが食べたい」→キッコーマン

 東洋経済新報社のサイト『東洋経済オンライン』の15日付け『空前の日本食ブームの陰の仕掛け人 ウォルマートの棚を仕切る「食品卸」キッコーマン』を読んだ。

 「日本食」にこだわらず、韓国・中国・東南アジアなどを含めた「アジア食品」という切り口での営業戦略が、新鮮だった。日本人・日系企業としては、「日本は、日本以外のアジアとは別」という意識が抜けにくいのではないか、と思っていたので。

 10年以上前、初めてアメリカ本土へ旅行した時、連日、塩コショウで調理した肉や、ピザ、トマト味のスープ、マメなどばかりで、
「しょうゆ味のものを食べたい…」
「サッパリしたものを食べたい…」
と思った。

 その時、小さな地方都市にいたので、日本食はなく(すっごく探したら、あったかもしれないけど)、ベトナム料理のお店に行った。
 比較的、日本の味に近い気がして、
「やはり、同じアジアなのだ…」
と思ったことがある。

(フォーとか春巻とか、比較的マイルドな味のものや、ふだん食べているものに近いものを頼んだからかもしれない。また、同じ東南アジア料理でも、スパイシーなインドネシア料理やマレーシア料理だったらダメだったかも)

     *   *   *

 キッコーマン<2801>のきょうの終値は、前日終値比6円高の1175円。きのうと2日連続、陽線が出ている。
 この半年のチャートを見ると、3月18日につけた年初来安値1118円とともにダブル底形成。反発局面に入ったと見たい。


posted by 田北知見 at 17:11 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日常→銘柄探し
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。